天然水とピュアウォーターの違いを健康目線で検証

天然水とピュアウォーターとの違いを検証

【ピュアウォーター・RO水】

なんて言葉、自分に一番相性の良さそうなバナジウム水を探していたら見かけた事のあるフレーズだと思います。

【同じ水だからそこまで違いないでしょ】

【少しくらいミネラル成分(バナジウム成分)もはいっているんじゃない】

なんて思うかも知れません。私もこのようなサイトを運営するまでは違いなんてこれっぽっちも理解していませんでしたから。

 

どちらも長所・短所があり

【こっちの方が絶対良い】なんて事はなく、あなたが使いたい時、なんで飲みたいのか?

に合わせて決めるのが一番良い方法かと思います(^^)/

 

ピュアウォーター・RO水ってナニ?

一言で簡単に言ってしまうと【ピュアウォーター=ミネラル成分が一切入っていない水】です。

貴重なバナジウム成分は限られた地域にしか存在しませんが、基本的に水にはミネラル成分が含まれているのが普通ですよね?

あなたが身支度する時に今日使った水道水も少量ではありますがミネラル成分が含まれています。

ではどうしてミネラル成分が一切入っていない水が出来るのか?

それは水を汲み上げてきてから私達が飲むまでに行う製造過程の差です!

つまり天然水もRO水も元々は同じ天然水の時さえあります。
(ピュアウォーター・RO水は汲み上げた場所を公表していない事が多い)

 

天然水は、含まれているミネラル成分を残しながらろ過し綺麗で安心して飲める水として販売しているわけですね。

この時に徹底した衛生管理で行っている事は言うまでもないでしょう(#^.^#)ひと昔前までは天然水を加熱して菌を殺菌するのが一般的でしたが、味がどうしても落ちてしまう事から最近では【プレミアムウォーター】のような非加熱処理が主流になってきているようですね。

 

RO水は天然水、または新鮮な水から徹底して超薄い膜(これがRO膜と呼ばれている)にてろ過し、ミネラル成分が一切含まれていない新鮮な水が誕生!

※たまにミネラルを抜いた水に人工的な成分を添加している水が販売されていますが、厳密にはデザインウォーターと呼ぶのが一般的

 

ミネラル成分が入っていない水の使い道って?

【新鮮な水+健康効果が期待できるバナジウム水】が飲みたい方にとっては

ミネラル成分が含まれていない水を飲むなんて意味ないのでは?なんて考えてしまいがち(笑)

 

ですが、うまく住み分けで出来ていて【天然水に合った飲み方】【ピュアウォーターに合った飲みかた】がしっかりあるんです(*’▽’)

ピュアウォーターはミネラル成分が入っていない事と同じくらい価格にも特徴があって一般的に販売されている天然水より安い場合がほとんどです!

天然水も市販のよくわからない水より安いですけどピュアウォーターはそれ以上にコスパに優れています・・・

 

500ml単位で計算
スーパーの天然水
120円くらい?
ウォーターサーバー天然水
80円くらい
ウォーターサーバーピュアウォーター
60円くらい

それでいて味も癖が全くなく飲みやすいと評判なので今一緒に住んでいる方みんなが間違いなく安心して飲む事が可能!

赤ちゃんや高齢者の方なら大量のミネラル成分は下痢に繋がる可能性がありますからね( ;∀;)

 

また値段が安いので水道水の代用品として使われる方も多く、毎日の家庭料理やお米を炊く際、普段のちょっとしたことなど、利用シーンは∞。

効果や味は二の次でとにかく価格に比重を置きたい方は【ピュアウォーター】を選んでいる傾向が強い(*’▽’)

 

値段で水を決めるのであればピュアウォーターだと思いますが、せっかくなら自然の水本来が持っている健康効果を感じたいですよね?

肝心の値段もスーパーで売っている水と比較したら価格もウォーターサーバーの方が安いし

 

含まれている成分は段違い・・・

まずバナジウム水って天然水の中で高価な部類ですしね( ;∀;)

そんなバナジウム成分配合の天然水が79円【最安値のプレミアムウォーターならそれ以上の安さ】なので価格と効果を天秤にとれば、おススメ出来る水は間違いなく天然水といえるでしょう!

プレミアムウォーターはおしゃれウォーターサーバーとしても有名なバナジウムサーバーですので、インテリアサーバーとしても使いたい方にもおすすめです。